No.3 ウインカーを出すタイミングが遅い

ウインカーを全く出さない、または出すタイミングが遅い車。ウザイですよね!

今現在の交通環境で、適切なタイミングでウインカーを使っているドライバーは半分も居ないのが現状です。ほとんどのドライバーのタイミングが遅すぎます。停止中は何もせず発進直前にウインカーを出すドライバーも多いです。

タイミングが遅く適切でないウインカーは、対向車や周りの交通の時間を奪うブロック(邪魔する)行為となります。例えば交差点ではお互い1秒以内の判断で間合いを取りながら運転しています。そこでのほんの1秒の遅い合図で、本来行けるはずの信号に、何台もの車がかかり時間を奪わてしまうのです。

このウザイ3点を知りましょう

赤信号で停止中、信号が青になってから発進直前にウインカーを出す。
ほーんの一例ですが・・・右折レーンの無い交差点での信号待ちで、対向車が右にウインカーを出して停まっています。ウインカーを出しているのは先頭のその1台だけなので、その車が先に右折出来れば交通がスムーズに流れるでしょう。しかしその対向車がウインカーをきちんと出していなければ、横断歩道の歩行者や周りの交通状況の確認が出来ず、先に道を譲る事は出来なくなります。

走行中、右左折時に出すタイミングが遅い。
スムースな流れの中で、自分の前を走る車が突然ブレーキ(急ブレーキではない)を踏んだらどう感じますか?タイミングの遅いウインカーはこんな感じです。ウインカーはブレーキを踏む前に出します

進路変更時のタイミングが遅いか又は出さない。
右左折時や進路変更時にウインカーを全く出さない車を見てどう感じますか?タイミングが遅いのもこれに似ています。

適切なウインカーのタイミングは?

教習所でキチンとルールを習ったと思いますが、習ったことを忘れていたり守らないで走っていたのでは、無免許運転と同じです。

教習所では交差点の30m手前でウインカーを出すと教わったと思いますが、これは40キロ以下で走っている時のタイミングです。

そこですべての場面、すべての速度域で使える方法をお教えします。それはブレーキを踏む前にウインカーを2回(1秒間)点滅させてからブレーキを踏むのです。進路変更の場合は、ウインカーを2回(1秒間)点滅させてから進路変更を開始します。合図が先、その後にアクション。この方法を覚えておけばすべての場面で使えますので、是非覚えて体に浸み込ませて下さい。点滅の回数は2~3回ですが、通常は2回を推奨します。深夜やのんびりした道路、高速道路などでは3回が良いでしょう。

重要ポイント3点

赤信号等での停止中にも交差点の停止線から30m以内ではウインカーは出し続ける必要があります。

右折レーンに入る時は進路変更と同じです!
進路変更又はブレーキを踏む前に、ウインカーを2回点滅させてから進路変更、その後に右折です。

ガソリンスタンドや駐車場内などでも、動き出す時や曲がる時にもウインカーはきちんと使います。
前の車に対して「早く行けよ!」みたいな顔をして、ウインカーも出さず動こうとしている車が良くいますよね(笑)。

ウインカーやブレーキランプは「周りの交通に対して自分が次にどう動くか」を知らせる物です。カーブミラーや生垣の先からなど、遠くからでもあなたのウインカーを見ている人がいます。周りの人や車はあなたの出すウインカーを見て、そこから状況を判断し動いています(少し待とうとか、スピードを落として先に行かせよう等)。ウインカーを適切に使いより良い運転マナーで運転しましょう。

ウインカーのタイミングが遅い車が発するイメージ

無免許と同じ・わがまま・自己中・スーパーでカートを押してるおばちゃん(不意に止まったり曲がったり!)・全くウインカーを出さない車の仲間

「No.3 ウインカーを出すタイミングが遅い」への2件のフィードバック

  1. 私の住む愛知県豊田市でもウインカーは遅いか出さないかの人(車両)が多いです!中には一般走行中のパトカーですらその部類に入る場合を良く見かけます 停止線からの動きだしで無理やり右折の車両ですら合図無しも見かけます‼ ワーストワン返上は当分あり得ませんね⁉

    1. コメントありがとうございます。
      愛知県のウインカーの件は、私もテレビかニュースサイトで見たことがあります。
      主に千葉と茨城で運転していますが、程度の差はあれたぶん同じような状況なんだと思います。
      運転技術うんぬんよりも知識・常識としての運転マナーを広めたいと思いこのサイトを作ってみました。
      電車内のマナーのように世間一般に広く「運転マナー」の知識が広まって、より快適な交通環境になる事を願ってやみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください