No.4 夜間停止中にライトを消さない

夜間にライトを点けっぱなしで停まっている車はウザイですよね!

ハイビームにすると対向車への迷惑になると言う事は誰でも知っています。しかしロービームだからと安心はできません。例えば上り坂の頂上付近で停止した場合など、自動車それ自体が上向きとなりロービームであってもヘッドライトは対向車のドライバーの顔に照射されます。

また自販機横などで多いですが、夜間ライトを点けっぱなしで停まっている車はウザイですね。平坦な道路でのロービームであっても、ヘッドライトを点灯した車の後ろは死角となります。その車が走行中であれば死角も移動するので問題はないのですが、問題は停車中です。ロービームであってもヘッドライト点灯中は対向車の視界を奪っていると認識することです。

ヘッドライトは停車中には消灯が基本です

自動車のヘッドライトはとても強力です。免許を持ったドライバーは誰でもこの強力な明るいライトを操作できるのです。自分のライトが周りにどの様な影響を与えているかを把握することです。子供に懐中電灯を渡すとすぐに人の顔に照射しますが、大人はそれをちゃんと注意しますよね。しかしドライバーにそれを注意する人はいないし出来ません。マナーですから自分で気づいて直すしか無いのです。

マナー的にもテクニック的にも言えますが、停止中はヘッドライトは消灯した方が良いと、実はほとんどの方が知っています。夜間に駅の送り向えなどで停車中の車を観察していると、スマホに夢中な方以外は皆すぐに消灯します

長時間アイドリングやラジオのボリュームなどと同じ様に、ヘッドライトもドライバー自信がコントロールするものです。本人は気にならなくても、周りにはそれを嫌がっている人がいるのです。

ヘッドライト消灯のマナー

5秒以上停止する時は消灯しましょう。
例えば赤信号で停止しようとする時、自分の前を横断する歩行者信号が青で、まだ点滅していなければ消灯します。このライトの操作が癖となり身に付けば、対向車の動きをある程度コントロール出来て、とてもスムーズな運転が出来るようになります。

ヘッドライト消灯の効果

ヘッドライトを点灯したり消灯したりする瞬間に、その車が次にどうするかのメッセージが出ます。例えば点灯した瞬間「走り出します」となりますし、消灯した瞬間「止まります」や「お先にどうぞ」となります。停車中に消灯していれば「停車しています」とはっきりわかりますが、点灯したままでいると「停車しているけど運転に集中していないし、周りは全く気にしていません」みたいに自己中な車、または運転に不慣れなドライバーに見えます。

信号待ちでも5秒以上止まるならばヘッドライトは消灯します。信号が赤となり、停止するより先に消灯する事で出た「止まります」の強いメッセージにより、対向車も安心して右折できます。また今度は青信号で動き出すと同時に点灯する事で対向車に「発進します」の強いメッセージが出ます。これは対向車だけでなく見通しの悪い交差点では、横方向からの自転車や車の信号無視や飛び出しを防ぐ効果もあります。そしていつもライトスイッチに意識が行くことで、発進時の再点灯忘れを防げます。

オートライト機能について

オートライトは暗くなると自動的にライトが点灯し、また明るくなると消灯する、上手に使えば面白い機能です。メーカーとしても消費者の要望から取り入れているのでしょうが、マナー良くスムーズに運転したい場合には使用しません。トンネルの続く道など、限定的に使用するのが良いでしょう。

ヘッドライトを消さない車のイメージ

集中していない?・スマホ中?

「No.4 夜間停止中にライトを消さない」への31件のフィードバック

  1. 信号待ち停車時にヘッドライトを消灯するのは違反です。違反を奨励するような記事を載せるのはやめましょう。

  2. コメントありがとう御座います。
    例えば制限速度などでも「1kmでもオーバーしてはいけません」などと言う感じでは、役に立つ情報では無くなってしまうと考えております。
    長年の運転経験から「夜間停止中のヘッドライト消灯」は安全で適切と考えております。
    少なくとも眩しい迷惑ライトやフォグランプは消して貰わないと迷惑ですよね。

      1. 月影さん
        コメントありがとうございます。

        私もヤフーニュースに出ていた、同じこのニュースを読みました。
        https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00010001-kurumans-bus_all

        ヤフーニュースでは各ニュースに関して思った、皆さんの自由なコメントが載っています。
        やはり「眩しくてウザい」と思っている方がたくさんいらっしゃるようですね。

        私個人の法律的な考えでは、赤信号停止中の消灯はグレーかな?難しいですね。
        でもその時に、坂道その他の状況で「対向車を完全に幻惑させているまま消灯しない」ならクロだと思っています。
        そして交差点毎に状況が変わる中、赤信号で止まる度に消灯すれば「発進時のライトの点け忘れも防げますし簡単ですよ!」と言いたいのです。

        運転のお作法と言う「運転のマナー」に関した私のサイトなどに関心を持って頂いている皆さんは、
        法律もマナーもとても大切と感じているので、多少ある矛盾に色々迷ってしまうでしょう。

        本当はマナーなど全く持たないで運転しているドライバーに関心を持ってもらいたいんですけどね(笑)。

    1. 対向車からみると
      信号待ちの停車時にライトを消灯して
      走り出す時に点灯されると
      一瞬ではありますが、眩惑させられます。
      位夜道で向かいから来た人にいきなり懐中電灯で照らされたらどうします?
      多分迷惑だと感じますよね。
      ハイビームやフォグ点灯のまま走るのは論外ですが、正しいと思ってしている行為も他人から見たら迷惑になっている場合もあります。

      横断中の歩行者の見逃しにも繋がる危険もあるので、筆者さんの考えもわかりますが、マイルールを主張し自身こそがマナー良いドライバーであるという主旨の反論や態度は控え、コメント者の発言も一理あると考えるべきだと思います。

      1. 加藤 崇伸さん
        コメントありがとうございます。

        マナーに関しての事なので、人により様々な意見や考え方があると思いますが、
        「安全やマナーを思った上での反対意見」に対しては深く考えさせられますしリスペクトもしております。

        幻惑に関しては蒸発現象と共に、眩しい方へは目線を向けにくい危険もあると考えています。

        ただ、「現在の赤信号での消灯率10%以下」においての私の主張にも無理はあるかな?とも感じていますし、
        坂道等で対向車を幻惑させているのに全く消灯しないドライバーに対しての当てつけも多少はあります。

        また幻惑させている時だけ消灯すると「再点灯」を忘れがちになるので、
        「赤信号で毎回消灯すれば再点灯を忘れませんし、そうした方が楽ですよ」と言うのも含んでいます。
        これは本文に書いていないので修正します。

        コメントの内容とは外れますが、例えばコンビニ駐車場では
        ◯エンジンは直ぐ止める
        ◯ライトは消灯
        ◯ラジオのボリュームを下げる
        ◯ドアは静かに閉める
        ◯大声を出さない・・・等

        全体としてはこんな感じの運転マナーを伝えたい、広めたいと思っております。

        「もっと運転テクニックを磨け!」ではなく、
        「自動車を扱う時、運転する時の意識をもっと上げて!」
        「ライトのスイッチへの意識も上げて!」と。

  3. 夜間のヘッドライト消灯は違反?警察官ならあなたこそ間違った知識の奨励はやめてください。道交法をよく勉強しましょう。道交法を持ち出すなら…

    …基本は上向き、視界に車やほかの交通があるときは下向き。ただしまわりの妨害になる場合は消灯、減光の操作をしなければならない…
    ですよ。つまり私に言わせればつけっぱなしやオートライトそのものが違反です。判断して操作するのが運転者の義務ですので。

    スイッチがロービームであれば実際の光軸が上向きになっていても構わないのであれば法の意味をわかっていないことになります。

    平地でも消灯しなければ安全が担保できないと判断した場合は消灯しています。

    1. コメントありがとうございます。
      ミニドさんの仰る通りと常々感じております。
      マナーの認識の違いはある程度仕方ないとしても、マナーを全く意識していないドライバーが多すぎて、どうしようもない無力感を感じています。
      夜間の信号待ちでヘッドライトを消灯するドライバーは昔は半数以上いたと記憶していますが、現在では1割以下になってしまいました。
      また坂道などの対向車を完全に眩惑させてしまう状況でも、消灯するのは3割もいかない程度ですね。

      1. 車だけでなく、機械が楽に便利に快適になりすぎて、それを使う人々は頭を使うことを忘れたようですね。タクシードライバーなので呆れて言葉が出ない光景を毎日目にします(笑)

        1. ミニドさん
          コメントありがとうございます。

          私も現役バスドライバーなのでミニドさんと全く同じ気持ちですが、私にとってはもう我慢の限界です(笑)。

          電車内でのマナーではテレビやポスターでの情報告知により、何をしたらマナー違反なのかが浸透しています。
          運転のマナーも同じ様に広まって、電車内のマナーの様になればと願っています。

    2. 突然ライトを照らされた方が眩しい?
      いやいや、交差点の中央に向かって登り坂のようなところで、ずっと眩しいのを我慢するより遙かにマシ。

  4. はじめまして。
    よろしくお願いします。

    Wikipedia では、

    信号待ちで停止中の間にロービームごと消し、車幅灯だけ点灯するのは厳密には違法である。夜間、道路上にある自動車には道路交通法施行令第18条により原則、車幅灯とともに前照灯の点灯義務がある。同条第2項の趣旨は乗員乗客の乗り降り、荷積み荷降ろしの規定でありこの条文を根拠に前照灯を信号待ち等、一時停止時に消すことはできない。道路交通法第52条第2項に規定する灯火の操作は道路交通法施行令第20条にあるとおりであり、消すことが出来るのは走行用前照灯すなわち、ハイビームだけである。したがって条文のとおりすれ違い用前照灯又は前部霧灯のいずれかは点灯しなければならない[17]。したがってロービーム(すれ違い用前照灯)を消すことは法令違反である。

    とあります。

    法の解釈は難しいですね。

    消すことが安全か否かも意見が分かれるところで、どちらが正しいマナーなのでしょうか?

    余談ですが
    以前、トヨタや日産でヘッドライトを停車時自動減光するシステムがありましたが、今は存在しません。

    1. donさん
      コメントありがとうございます。

      私は信号待ちでのヘッドライト消灯について、法の解釈としてはグレーと思っています。(法の解釈は本当に難しいですね)
      逆に、坂道等でヘッドライトを消さず対向車を幻惑させている場合には、法の解釈は完全にアウトだとも思っています。

      坂道等で対向車を幻惑させている状況がわからないドライバー(オートレベリングがあっても効果は限定的ですし)、
      また明るいバルブに交換等でロービームでも眩しい車も多く、眩しくない普通のロービームを含め歩行者の蒸発現象等もあり、

      「5秒以上停止する時は消灯」が正しいマナーと信じ、世に広めたいと思っております。

      そして発進時にヘッドライトのONを忘れない為にも、「信号待ちのたびに消灯、発進時ライトON」の癖を付ければ、
      たまに消灯するより楽ですよ!とも言いたいのです。

      それでもマナーの問題なので、人それぞれの解釈はあって良いとも思っています。

  5. >例えば点灯した瞬間「走り出します」となりますし、
    >消灯した瞬間「止まります」や「お先にどうぞ」となります。
    たしかに、それは言えてますね。
    消灯して相手に「お先にどうぞ」と合図を送るは特に有効です。
    ・・・が、
    >停車中に消灯していれば「停車しています」とはっきりわかりますが、
    は、どうでしょう?
    消灯しているから停車していると思ったけど、実は「相手が無灯火で走行していた」なんてことだったら危険ですよ。
    点灯していたら車の存在を早く気付けるし、動いているのかどうかの判断も時間的に余裕ができます。
    合図としての一時的な消灯なら相手も認識できますのでいいけど、停車中の消灯は相手の認識を鈍らせることになりますね。
    法律上でも、安全上でも点灯は必須と考えます。

    1. メモリーさん
      コメントありがとうございます。

      私の考えとしては、全ての道路が平で眩しいライトの車も居ないのならば、消灯も特に必要ないかなとも思います。

      しかし現状では坂道の頂上が交差点であったり、その他の状況により、消灯しないと対向車を大変に幻惑させてしまう場面が多数あります。
      そしてこの幻惑させてしまう行為こそ違法であると考えます。

      幻惑を受ける状況では、ウインカーが見辛くなったり歩行者の蒸発現象もありますが、それ以上に「視線をそちらに向け難い」と言った危険があります。

      どの状況で消灯するのかしないのかより、いつも消灯してライトスイッチに気を使っていればそれが癖となり、危険な無灯火走行も減らせるとも思っているのです。

      法を無視する訳には行きませんが、マナーなので・・・
      難しいですね。

  6. 法の解釈は分かりませんし、消さないと眩しい。上向き眩しいという言い分も分かります。
    ただ私は消さない方が良いと思います。
    走り出す瞬間に付けられると対向車からは
    暗闇からいきなりライトを照射され上向きで無くても目が眩むため、前方や歩行者を見逃す危険性があります。歩行者からも同じでは無いでしょうか?
    言わばトンネルから晴天の道路に出た時の様な状態です。
    また、点灯を忘れたまま走り出す危険性もあります。ご自分だけは大丈夫とは絶対思わずお互いに気を付けたいですね。

    1. 首領ケッツさん
      コメントありがとうございます

      私の考えるマナーはこうだ!とこのページを作りましたが、
      人それぞれの考え方があり、これが正解だというのは・・・なかなか難しいですね。

      いずれにしろ「マナーを持って運転する」と言う心構えを持つ事が肝心なんだなと感じています。

  7. 私は停車中はヘッドライトを消すべきだと
    強く思います。
    片側1車線の道路で、対向車でライトを付けたまま停車してる車は、走行していると動いているのか止まっているのか分からない時があるし、ハザードランプつけてても見えづらいこともあります。
    また、コンビニで停まってる車のライト付けっ放しの多いこと!
    本当に迷惑だし、コンビニ出るとき眩しいし、腹が立ちます。
    そもそも付けっ放しにしてコンビニに停まってる意味なんてないですよね。
    たまに警察もライト付けてハザードつけて思いっきり迷惑かけてる奴らがいます。
    鬱陶しいです。

    1. つばきの花さん
      コメントありがとうございます

      全く同感です。
      特に夜間のコンビニなどでマナーを考えていたのなら、
      ラジオのボリュームを下げ、エンジンも止め、ライトも消すのが普通なのでは?と思っていますが、
      運転のマナーなんて考えずスマホに夢中なのでしょうね。

  8. Yahooのニュースで「【知ってまっか?】信号待ちで「ライト消灯」はルール違反」のレポート書いていますが、第五十二条-2(抜粋)「他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない」とあるので、本人が周りに迷惑と感じての灯火を消しはルール違反では無いと思います。迷惑なのは、道路で駐停車中の点灯で走行中か止めているのか判らない眩しい車両です。僕は当方のライトが周りに反射して自分が眩しいから消す派です。

    1. tecmultiさん
      コメントありがとうございます。

      私も同様の考えで、停車中は消灯します。
      ライトもアイドリングもラジオのボリュームも、ドライバー本人の判断で操作するものだとも思っています。

      この様なニュースもマナー意識の無いドライバーにももっと読んで貰い、マナーを意識し考えて運転して頂きたいと願っています。

  9. 私の場合は、道路勾配の関係で対向車に迷惑な場合を除き、基本的に信号待ちでは自車両の「“被”視認性」確保による事故防止を優先し、あえて消灯しないようにしています。

    ただ、最近のクルマはウインカーがヘッドライトユニットに組み込まれているため、ライトを点けているとウインカーを出しているのがわかり難かったり、LEDヘッドライトも光の志向性が強くて目に付き刺さる感じがしたりするので、確かに意見の分かれるところだとは思います。
    ———————————————————————–

    「ライト消灯」はマナーなのか? 夜間の信号待ち、一部に残る慣習
    https://trafficnews.jp/post/80124

    夜間の交差点で、クルマのヘッドライトを消して信号待ちをする慣習が一部に見られます。「対向車ドライバーへの配慮」などの理由があるようですが、交通ルールや安全上の観点からはどうなのでしょうか。

    ●もとは「バッテリーあがり防止」の慣習だった?

    夜の交差点で信号待ちをしている車列に、ヘッドライトを消しているクルマを見かけることがあります。

    こうした慣習は特に大都市でみられるようですが、交通ルールに照らすと正しいものではなく、停車中もヘッドライト点灯の義務があります。
    東京都世田谷区の自動車学校、フジドライビングスクールの田中さんは、「道路交通法では、夜間の道路にあるときは常にヘッドライトを含む灯火をつけなければならないと定めていますので、教習ではヘッドライトを消すようには教えていません」と話します。

    このような慣習はどのようにして広がったのでしょうか。引き続き田中さんに聞きました。

    ――信号待ちでヘッドライトを消す慣習は昔からあったのでしょうか?

    交差点で停車している時に消灯する慣習は、かつて東京などの大都市で多くのクルマに見られましたが、もとはタクシー業界から生まれたものと聞いています。
    昔のクルマはアイドリング状態での発電能力が低く、さまざまな機器を積んでいるタクシーはバッテリーが上がりやすかったのです。
    そこで、ヘッドライトをこまめに消してバッテリーの消耗を抑えていたようです。

    そうした慣習が一般にも広がったと考えられますが、現在のクルマは発電やバッテリーの性能が向上していますので、交差点でライトを点けっぱなしにしてもバッテリーが上がることはありません。
    また、交差点でヘッドライトを消す慣習には、もうひとつ「対向車のドライバーがまぶしいと感じるから」というマナー上の理由もあるようです。

    ●ライトを消すと、自分の位置をアピールできない

    ――交差点でヘッドライトを消灯すると、安全面でどんな問題があるのでしょうか?

    ヘッドライトを消していると自分の位置を周りにアピールできないのが問題です。
    特に、交差点の左右から曲がってくるクルマから見えづらくなるため、事故に巻き込まれる可能性が高くなるのです。
    また、信号が青に変わって発車する時に、ヘッドライトの点灯を忘れてしまう恐れもあります。

    ※ ※ ※

    ヘッドライトが消えた状態で発進してしまっても、周りが暗い道路ならドライバー自身で気がつくでしょうが、「明るい都会の道路ではかえって気づかないことがある」と、田中さんは話します。
     
    「ヘッドライトを点けないで走行した場合、特に見通しの悪い交差点やカーブなどからミラーを頼りに曲がってくるクルマから非常に見えづらくなります。そうした点からも、ヘッドライトは常に点けておくことが大切といえます」(フジドライビングスクール 田中さん)

    交通法規上はもちろんですが、事故を防ぐという観点からも、交差点ではヘッドライトは常に点灯させておくべきでしょう。

    信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反
    https://www.automesseweb.jp/2017/03/19/19992

    ●夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ

    信号待ちの際、ヘッドライトを点けたままにするか、消灯すべきか、というのはドライバーの間でも意見の分かれる話題のひとつ。
    しかし、結論からいえば「信号待ちでもヘッドライトは消灯しない」のが正解だ。

    一番に理由は、ヘッドライトを点けたままにすることで、自車の被視認性を確保するため。
    残念ながら、周囲のクルマの位置を正しく認識しきれていないドライバーは少なからずいる。
    たびたびニュースになる、高速道路を逆走するドライバーだっているぐらいなので、夜間、間違って反対車線に進入しそうになるクルマは意外に多いはず。
    そうしたクルマとの事故を避けるためにも、ライトは消灯しない方がはるかに安全。

    とくに、片側二車線の道路で信号待ちのとき、隣のクルマがライトオン。自車がライトを消灯しているときには危険が倍増。相対的に相手から自分の存在を見落とされるリスクが高まるからだ。片側一車線の道や、信号待ちの先頭でなくても、周囲がライトオン、自車がスモールランプ(車幅灯)というのも、存在が埋没しやすいので要注意。

    同様に、薄暮時の走行中、スモールランプ(車幅灯)で走っている人も、被視認性は非常に低いし、そもそも車幅灯だけでは、前照灯(ヘッドライト)をつけているとは認められない。

    もうひとつ、信号待ちでライトを消すと、青信号になって走り出すときに再点灯し忘れるリスクが生じるというのも、大きな問題。
    ライトをつけ忘れて無灯火で走り出してしまう可能性が百回に一回ぐらいの割合だとしても、信号待ちでヘッドライトさえ消さなければ、それは100%防げる。このことだけを考えても、信号待ちでヘッドライトを消すメリットは一つもない。
    周囲が暗くなると自動的にライトが点灯するオートライト機能は、点け忘れ防止のためにも積極的に使うことをオススメしたい。

    最近のクルマは自発光メーターが多いので、夜間でも明るい都市部では一度無灯火で走り出すと、なかなかそのこと気付かないことも多い。車種によってはスモールランプやヘッドライトが点灯していることを知らせるインジケータがあるが、その表示は小さく気が付きにくい。
    これらの理由からも、信号待ちではヘッドライトは消すべきではない。

    ちなみに道路交通法では、「車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない」(第五十二条)とある。

    信号待ちや踏切での停止は一時停止であり走行中に含まれることになっているので、法律的にも厳密にいえば信号待ちでのヘッドライトの消灯はアウトになる。

    “信号待ちで消灯する派”のドライバーからは、

    1.消灯した方が対向車がまぶしくない=いいマナー
    2.ヘッドライトの寿命が伸びる
    3.バッテリーやオルタネーターの負担が減る

    などのメリットがあるという意見が聞かれるが、

    「1」については、光軸調整さえきちんとしていれば、対向車への影響は少ない。
    「2」のライトのバルブに関しては、ハロゲンランプでもHIDでも、点灯直後の大きな電流(過渡電流)が流れるので、点灯回数が増えた方がむしろ寿命が短くなる。
    「3」に関しては、よほど弱っているバッテリーでなければ無視していいレベル。

    ちなみに、編集部で調べてみたところ、信号待ち時のヘッドライト消灯率は、関東に比べ関西がより高い傾向がある。
    関西圏の人の方が、何事も倹約、節約するマインドがあり、「停車時のライトの点灯はもったいない」と考えがちなのかもしれないが、今後は信号待ちでもライトオンを習慣にすることをおすすめする。

    くれぐれも「信号待ちの際消灯をしない人は、マナーが悪い」などとは思わないようにしてもらいたい。

    忍者のマネして大事故に!夜間、信号待ちは目立ってナンボ!
    http://menzine.jp/lifestyle/singoumatimedatu4617/

    夜間の信号待ちで、ヘッドライトを点けっぱなしにしておくのか、それともヘッドライトは消してポジションランプ(車幅灯)だけにしておくのか?どちらが正しいのかよくわからないという人も多いようです。

    正解は、時と場合にもよりますが、通常はヘッドライトは点けっぱなしにして信号待ちをすべきです。ヘッドライトを点けておくというのは、その場所に「今は止まっているけれど信号が青になり次第発進する車両が存在しますよ」という事を周囲に知ってもらうという目的があるんです。

    ではヘッドライトを消し、ポジションランプにしておくのはダメなのか?と言われると、例えば交差点が坂道で、明らかに対向車線に停まって信号待ちをしている車両に、自車の強烈なヘッドライトの光を浴びせているなど、その場合はヘッドライトは消してもいいかもしれません。

    要するに、時と場合によってヘッドライトを消した方が良い場合がありますよ、という事で、平地の信号待ちで必ずヘッドライトを消す必要は全くない、という事です。

    中には、対向車線の車両に迷惑だからという理由で、必ずポジションランプにまで灯火類のレベルを下げる人がいますが、ヘッドライトで存在感を表示している目的は、何も対向車だけではないのです。

    近くの歩道で信号待ちをしている歩行者や自転車、あるいは青信号で渡っている歩行者や自転車などにも、自車の存在を知ってもらう必要があるので、ヘッドライトは点けておくのが正解なんです。

    ポジションランプだけの場合だと、交差点の状況などによっては、信号待ちではなく「路肩に停車」しているように見える場合もあります。夜間の暗闇ですし、ひょっとしたら電話をかけるために停車しているのかもしれない、と勘違いされる場合だってないとは言えません。

    でも、ヘッドライトを点けっぱなしにして路肩に停車する人はほとんどいないでしょう。信号待ちはあくまでも、「運転中」という作業の一環。動いている“運転中”も一時停止している“運転中”も、車の状態はなるべく変えない事が基本です。

    ●バッテリーは大丈夫なの?

    夜間の信号待ちでヘッドライトを消す人の中には、バッテリーの負担を心配している人もいると思いますが、今の車はエンジンがかかっている以上、バッテリーの心配はほぼ無用です。アイドリングストップの車には、性能の良い高級バッテリーが搭載されているので、これも全く心配はいりません。

    実は30年ほど前までは、ほとんどの車は信号待ちでヘッドライトは消していました。それはバッテリーへの負担を少なくする事が目的でした。30年以上前の車に搭載されていたバッテリーに比べ、現在の車のバッテリーは驚くほど寿命も長く、強いバッテリーが搭載されています。今はバッテリーの心配をする事自体がナンセンスですし、それよりも安全に気を遣う方が先です。

    また、この手の話題でよく出てくる、対向車のライトで歩行者が見えなくなる“蒸発現象”ですが、よほど条件の悪い交差点でない限りそのような事は起きるはずがありません。

    それよりも、夜間に「忍者のまねごと」をする事のデメリットの方が、自分にも周囲にも危険な状態を作り出すきっかけになってしまっている、という事を認識すべきでしょう。

    1. 三本さん
      コメントありがとうございます。

      マナーなのでプロであっても様々な意見がありますね。
      しかし車に関するプロの書いた記事なので、きちんと読んでその意見にはリスペクトもしております。

      なかなか自分の意見を上手く伝えられませんが、全体的には自動車を運転すると言う「意識」をもっとを上げろと言いたいのです。

      〇坂道等で対向車を幻惑させてしまっている場合には必ず消灯して欲しい。(自動レベル調整があっても有効な場面は限定的)
      〇道交法的に赤信号で停止中の消灯はグレーかもですが、対向車を幻惑させている状態はクロと理解しています。
      〇歩行者の蒸発現象より怖い、眩しい方には視線を向けられない。(これはフォグランプの方が眩しく危険)
      〇たまにしかスイッチを操作しないから再点灯を忘れる。信号待ちでスマホを弄るより、自分の車のスイッチ類(カーナビ等も含む)に精通する。
      〇アメリカ人には絶対に無理でしょうが、日本人には分かって欲しいマナー。

      最近出た新型車にはヘッドライトのオンオフスイッチが無い物もあるようですし、自動運転も僅か数年後にと迫って来ています。
      またヘッドライトスイッチに気を使っているドライバーは一割程度?という現状において、わざわざこんな記事は無駄かなとも感じているのも事実です。
      ライトに限らずデタラメが多い運転マナーを何とか少しでも改善したいと願っています。

  10. 消すのは道路交通法違反になる”可能性”があるのでマナーだと言い張るのはおかしな話ですね。

    違反になるかどうかは、現場(警察官)や裁判所での判断となりますが「よほどのことがない限り消してはいけない」が基本ルールです。

    消さないと路肩で停車中なのかわからないと言いつつ、信号待ちでは消しているという人もいて、違反する可能性のある行為をマナーだ、ルールだと言い張る人たちは、本当におかしな人ばかりですね。

  11. 道路上とコンビニまたは荷卸し停車中の話を同じレベルで語ってる方はどうかと思います。あくまで道路上の話の中でルール、マナーの話をすべきかと。道交法もコンビニの話なんて前提においてないと思いますよ。また、タクシー・バス運転手の慣習を一般的なマナーに持ってくるのも違うかなと。一般人は教習所で学んだことが全てなので。マナーの浸透を目的とするなら教習所への働きかけが必要であり、Google検索から本サイトを見た方(信号待ち、ライトで検索するとトップに本サイトがでます)が、あいまいなマナーをルールと勘違いして信じてしまう危険があるので、枕詞にサイト主の主観であることを明記していただきたいと思います。

  12. 昨日、新車が納車されました。「強制AUTO」ってこんなんか!!って思い知らされました。
    私は今まで夜間駐車時バックする前に車幅灯にしていました。不必要に照らすことはしたくなかったからです。逆に照らされるのも嫌だからです。昨日同じようにバックの前に車幅灯にしバックを始めたのですが、その時にライトが点灯してしまいます。
    ドライブスルーに行きました。道路横にお店があり、道路よりは少し高い位置にあり、注文時は道路に垂直に向かって、受取時は平行に対向する向きになるので、走行車が眩しくないように私は必ず車幅灯にしますが、順番待ちで少し進むたびにライトが点灯します。

    「強制AUTO」は通常走行時以外のライトの操作を全く無視した機能だと思いました。

    ドライブモードや走行速度の条件も加味して欲しいところです。
    それが出来ないのなら「強制」にはしないで欲しいし、そもそも無灯火で走行する人間は車を運転してはいけない人です。

    少し違った話になってしまったかもしれませんが、「強制AUTO」の普及で今後は確実に「ライトは消さない」方向に行きます。眩しい場面に多々出くわすでしょう。ちなみにオートハイビームも標準装備で外すことは出来ませんでした。

  13. "夜間信号待ちなどによる停車中の消灯は基本的に道路交通法違反です。"
    という事をまず説明してから、「状況に応じて~」の記事にして欲しい。
    嫁がライトを消すようになった為理由を聞いたら「ライト消さないと違反なのかな?」と誤った解釈をしており、その考えのきっかけがこのサイトとのこと。
    大変危険だと感じた為コメント致しました。

    この記事が事故やそのインシデントとなる可能性があることを認識してください。
    (特に黒い車)夜間の消灯は曲がってきた車が自車に気づかず事故になりやすい。
    誰も得しません。

  14. 夜間停車中にライトを消すのは道路交通法違反になります。すなわち、違法行為を助長している記事です。お分かりですか?

  15. 夜間停車時にライトを消すのは道路交通法に違反する行為です。すなわち、この記事では違法行為を助長していることになります。お分かりですか?違法行為をさぞマナーのように多くの目にふれるような場所でかかないでください。SEO 対策しているようですね。こんなしょうもない嘘つき記事が検索すると上位に来るようになっています。

    1. 法学部さん
      コメントありがとうございます

      お名前からして法律には詳しいのでしょうか?
      私は運転のプロではありますが、法律に関しては一般的な知識しかありません。

      前提として私の文章や伝え方が下手とかは置いておきまして
      このページとコメントをすべて読んでいませんよね?

      素人なりに憲法9条をはじめとして、法律も裏をかいたり色々と解釈する人がいて難しいなとは思っています。

      安全とマナーを考えた上で、赤信号で停止中の消灯は問題ありません。
      しかしその時坂道等で、対向車を幻惑させている状態では違反行為になります。

      制限速度をはじめ、キチンと法律厳守している方から見て
      私の記事は嘘つきに見えるのでしょうね。

      みんながもっと安全にスムースな運転ができるよう、わかり易いページへと編集していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください